第27回つくば奨励賞(実用化研究部門)

津田(つだ) 浩(ひろし) 氏
産業技術総合研究所 計量標準総合センター 分析計測標準研究部門
総括研究主幹
李(り) 志遠(しえん) 氏
産業技術総合研究所 計量標準総合センター 分析計測標準研究部門
非破壊計測研究グループ
主任研究員
王(わん) 慶華(ちんふぁー) 氏
産業技術総合研究所 計量標準総合センター 分析計測標準研究部門
非破壊計測研究グループ
研究員
授賞の対象となった研究主題
モアレを利用したマルチスケール変位・ひずみ分布計測技術の開発

受賞理由
津田氏らは、このモアレ法を発展させたサンプリングモアレ法を応用するなど様々な工夫を行って、電子ディバイスといった小さなサイズのものから、道路等の巨大な構造物といった大きなサイズまでをカバーするひずみ分布計測技術を構築して、モアレ計測の対象を大きく拡大することに成功した。

これらの計測法は、対象の構造自体を活用したり、二次モアレなどを用いることで、多様な対象に対して高い精度を実現するものであり、従来はコストが掛かっていた橋梁のひずみの計測に低コストでかつ制約の少ない計測技術として実用化に至った。老朽化等による橋梁等のひずみを計測することは全国各地の道路等の安全維持のために必須であることから、安価で精度の高いこの技術の今後の普及が大いに期待される。
back