2.賞の名称と選考基準

(1). つくば賞

対象範囲:自然科学部門で1人または1組

資  格:基礎・応用・開発を問わず理工学及び生命科学などの研究分野に携わっている個人又はグループで次のいずれかに該当する者
(共同研究の場合はその研究に対する貢献度合が1/3以上である者を表彰の対象とする。)

選考基準:次のいずれかに該当し,世界的に評価を受ける研究成果を収めた研究者
     ・本県内において現在研究活動をしているか,過去に研究活動をしたことがあること
     ・本県内で開催された国際学会で,初めてその研究成果を発表した研究者

賞の内容:賞状,賞牌,副賞(500万円)


(2). つくば奨励賞

対象範囲:自然科学部門で2名または2組(各部門1名)

資  格:基礎・応用・開発を問わず理工学及び生命科学などの研究分野に携わっている個人又はグループで次のいずれかに該当し、
科学技術の振興に貢献が期待できる者

選考基準:

【実用化研究部門】
本県内において現在研究活動をしているか,又は研究活動をしたことがある研究者であって,その研究成果が実用化される等,県内の科学技術振興に寄与した研究者
(共同研究の場合はその研究に対する貢献度合が1/3以上である者を表彰の対象とする。)

【若手研究者部門】
本県内で現在研究活動をしている若手研究者(40歳以下)であって,今後飛躍的な研究成果が期待できる研究者(共同研究の場合はその研究の主たる研究者であり、その貢献度合が2分の1以上である者を表彰の対象とする。)

賞の内容:賞状,賞牌,副賞(100万円)


back